理想の追求をすることで

日頃からIT業務に力を注いでいる方は、往々にして理想的なIT社会になることを期待しているのではないでしょうか。
自分がその社会を発展させるための一翼を担えていることを、誇りに感じているからであり、自身のITスキルの高さが活かされていることを嬉しく感じていくのです。
絵に描いたようなIT社会にしていくために、理想の追求を高く掲げることは当然だとおっしゃる方が居ると思います。
理想が高い程夢実現を果たそうとする目標意識を強く喚起させていくようになり、理想を現実に変えようとする気持ちに、拍車を掛けていくことにつながるのです。

やる気を引き出すためには、理想を高く持つべきだとおっしゃる方が居ても不思議ではありません。
例えて言えば、強い敵と対峙したときに闘争心を奮い立たせていく心理状態と相通じると考えられます。
ひいては、尊敬する先輩を超えていこうとする向上心を持っている方の心情と重なる点があると感じるのです。

これは頑張るに値することだと感じたときに、並ならぬ力を発揮するようになることは往々にしてあることだと思い、努力に努力を重ねるくらいの気持ちを持って精進していこうとする姿勢を維持することが夢実現につながっていくのです。
IT社会を素晴らしいものにしていこうという気持ちがある限り、どこまでも頑張り続けようとする方は少なくないのです。

将来のビジョンが鮮明になったときに、明るい未来が自分を待っていることを感じ取っていくのです。
その為にも、今の自分の環境を見直してみるのもいいでしょう。今後エンジニアとしてどんな道を歩んでいくのか、自分のキャリアパスをしっかり考えることで、理想とするIT社会、理想とする自分に近づけることでしょう。>>>参考サイト:キャリアパス調査@データベースエンジニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です